大家2年目の会

未分類

久しぶりに読書をしています

久しぶりに読書をしています。というのもテーマを決めて取り組むべき内容がでてきたからですが、現在取り組んでいるのはフランチャイズ。

一生懸命フランチャイズ(FC)の仕組みを学び、それをどう自社で展開していくのか?ということをまずは法律面から取り組んでいます。その次には、制度面を整えて、あとは実行を社内にどう落とし込むのか。そして最も難しいのは、成功事例をいかに確実に誰にでも、適応させるのかというマニュアル化、と教育制度をどう整えていくのか?ということを今は社内の研究実証テーマとして取り組もうと思っています。

というのもトラベルハウス事業が大きく育つ土壌ができて、努力の方向さえ間違えなければ、誰でも販売できる、ということを実証したからです。後は問い合わせしてくれたお客様から、いかに仲間になってもらうのか?そのためのフォローの仕組みとしてFC店が必要だなぁ、と感じている次第です。

大体弊社のトラベルハウス事業のFC店の収益モデルは、1人で1年1200万円の粗利設計にしようとしてますので、不動産家賃収入で換算すると、24000万円程度の不動産をいきなり手に入れれるだけの経済的メリットが出てくると思います。なおかつ不動産大家さんの場合は負債が24000万円もついてきてしまうし、そもそも24000万円も借りれない人がいるかもしれない、とおもうとトラベルハウスFC店に加盟して短期で稼いでもらい、頭金を創る、なんていうこともできるかもしれませんね。

と皮算用をして、FC店は参加してもらった人にメリットがあるなぁ、と思ったので、その成功精度を高めるためにも、まずはしっかりと人を育てられるFC本部づくりの体制を創り上げようと思っています。幸い弊社は大家2年目の会を展開しており、教育インフラはある方だと思いますのでそれを活用しまた大勢の人を育て、一緒に事業を育ててもらおうと思います。

そのための第一歩として、まずは勉強です。とりあえず書籍を20冊。読み込みます。面白いですわ~ワクワクします。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー