大家2年目の会

未分類

特別セミナーでの話…

改めて特別セミナーでの税理士の先生のお話、非常に面白かったですね。

実は参加者が事前より多くて、資料が私の分がなかったので、その分逆に思いっきり聞き入っていましたが、色々な理を教えてもらったと思います。

税金というものは基本的に日本人登録をしていたら、ある程度あらがえません。納税の義務があるからです。どんな人でも年収2000万円を超えて行ったり、5000万円以上の買い物をしたらある程度一定の高い比率で、税金というものはかかっていきます。要するに、一棟もの不動産を購入していくと決めている大家2年目の会のメンバーは納税はたくさんしていく運命にある、というわけです。

一方で、税の還付をお勧めする税理士さんもいらっしゃるわけで、普通の投資家さんだと、そりゃぁもらえるもんはもらっとけ、となるのも心理的にはわかりますよね。私も返してもらえるなら返してほしいですもの。でも、返してもらわない方が良いということもあるわけですね。一方で背に腹は代えられぬ、という事なら還付してもらうことも可能なわけです。

おっと、大家2年目の会が他の不動産投資を扱う会や会社とどう違うのかが鮮明に見えてきた気がします。

それは 継続性 があるかどうか、ということですね。不動産屋は物件が売れさえすればあとはどうなっても構わないので、極論だましてでも売るわけです。税理士も、還付を進めて割合報酬をゲットすれば、短期的には儲かるのであとでオーナーが困ることになろうとも、関係なく責務を果たすだけですね。もしくは困ったことによってさらに報酬も取れると計算しているかもしれませんね。

何事も継続性を持って取り組むと、短期的な損得などに、余りこころが動かされなくなりますね。正しい理で、正しい稼ぎを手に入れれば十分儲かる商売です、大家業は。

仕組みは万全なので、果報は寝て待て、っていう感じですね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー