大家2年目の会

未分類

これからの時代

ネスレジャパン高岡社長の基調講演 まだ伝えておくことがありました。イノベーションを興す必要があり、それは誰にでもできることであり、逆に誰もがやらなければいけないこと、とのこと。そしてそうはいってもできない人は、どうするのか。それはひたすら自分の作業をAI化していきなさい、ということでした。

これからはプログラミングは誰でも簡単にできてしまう時代です。APIとモジュールさえあれば、理屈上は組むだけなので。建築でたとえれば、組立工法と道具さえあれば、家が建つのと一緒です。ノウハウとスキル、ということですかね。

仕事をしている、ということは、今までの社会の定義で言うなら、ノウハウを構築する、スキルを高めて結果を出す、さらにはそれを広める、ということが仕事をしていることだったと思います。これからは、ノウハウをゼロベースで創り出し、それがある程度のルーティン化をするとスキルを高めるのは後はプログラムがやればよい、という時代になるということです。そして広めるのもある程度、インターネットを活用した自社メディア化により、広がるのも早いので、こちらもプログラムがやればよい、ということでしょう。

人間がする仕事はノウハウをゼロベースで創ることだけ、みたいな感じですね。あとはそれをAI化に置き換えるノウハウを身に付けたら終了です。21世紀型の新人間の誕生ですね。

JUSETZマーケティングという会社は、昨今実はこればっかりしてきました。ゼロベースの仕事を創って、とりあえず形にし、広める、それを大量に早く、めちゃくちゃ早く、やり遂げる、ということをやってきました。

もちろん全員がこのなみについて来れているわけではありませんし、私も溺れかけているのも事実ですが、やらないよりやっている人間は間違いなく他の同業他社よりは成長しますね。

やり方をそもそも間違えているとアウトですが、弊社の場合全事業がうまく軌道に乗りました。だから弊社の次のテーマは、AI化になるのでしょうね。

関係者各位、覚悟して、AI化していきましょうね。もうわけわからん勉強ばっかりになりそうですが、同年代の他の日本人はほぼ、やってないでしょうから、間違いなのかあってのかもわからんので、楽しいですよ。きっと楽しいです。忙しいけどね。

そういう仕事を仕事としていきましょうね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー