大家2年目の会

未分類

錬金術

金融機関さんと打ち合わせをするととにかく数字と、対話が繰り返されます。不動産で融資を引くのなら、「収益性」をとかくたくさんの観点から評価するのが基本ですが、定型評価はある程度決まりますね。これは無料セミナーでも教えていたりしますので、簡単かと思います。とりあえずやって当たり前、というかんじ。

これを感覚でつかもうと思ったら、やはり「立地」を理解するとあんまり色々考えなくても分かってくる要素多いです。定型的評価をいくつもくりかえせば自然とできるようになり、経験値的に立地が素晴らしい、と収益性も素晴らしいなぁ、と理解できる、という感じ。これをしておかないと、「儲かるかも」という期待で買うことになります。

一方で「儲かりにくいかも」というものを「儲かるもの」に変えていくことができればこれはまさに錬金術で、素晴らしい付加価値が付くことになります。

これを鍛えるには、「顧客」をどう創るのか、ということがポイントになります。顧客をどう定義し、どうやって集め、どうやって彼らにメリットを訴求するのか?

そういうシナリオをいくつもたくさん取り組んでいくとほんと、どんな立地でもいつまでも収益化できるんじゃないか?と勘違いできそうなくらい面白い案ができますよ。こういうトレーニングは不動産屋さんの領域じゃないので大家2年目の会でしかやらないでしょうけれど。

これが楽しいんですよね。

 


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー