大家2年目の会

物件

不動産開発

不動産開発が順調に進んでおります。

相続案件が最近多くでてきていて、金融機関系の紹介や、不動産会社さんの紹介がいいかんじです。ただし、収益物件の相続は、ほぼ発生しておりません。相続対象内の収益物件はほぼ、そのまま一族の方が引き取りますね。処分しないです。さすがBゾーンの面々。消費用の物件であった、元自宅の売却など、そのままでは使い物にならない物件、の売却が増えております。戸建などを頂いても、正直使い物にならないので、壊して新築化、となるのですが、これがなかなかいい感じのものが多いです。

まず、新築なので積算が楽ちん、ということ、条件もかなり優遇される、貸しやすい物件に最初から作れる。とかなりいいことだらけです。あと土地も広い。デメリットは、時間がちょっとかかる、ということかな。

かなり地道ですが、弊社は建築ができるのがもともとの強みでして、それが活かせるとなると、非常にうれしいです。ですがやればやるほど、建築は主導的にしたいなぁ、いままで流通代理店ということをやっていたけども、ほんと主導的になりにくいビジネス構造だったんだなぁと痛感しております。

目先のお金がこまると、今やっている仕事をするしかないので、変革などできませんが、ちょっとずつゆとりが出てくると、既存事業のスクラップアンドビルドはどんどんしていかないといけないなぁ、と考えております。同じようなやり方が、同じようなスキルを使うだけで、同じように稼ぎ続けようとすることが、無理があるんですね。

どんなお金の稼ぎ方でも一緒ですが、あなたのその今のスキルであと50年、稼ぎ続けられますか?人生100年、なかなか死ねない時代にもなりますよ。稼ぐ仕組みを、しっかりと構築しましょうね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー