大家2年目の会

物件

物件割高感

大家2年目の会を立ち上げて早半年。たくさんの方と面談をさせていただき、自分たちの想いだけを最初は受け止めてくれる方を大事にしてきたつもりです。ですが、最初の想いはみんなで資産を10億にしましょう。というものでしたが不動産市況がそうもいかなくなり、なかなか儲かるものが少ない&なかなか不動産融資が厳しい、という状況になりました。
水面下物件は当たり前で、自社で作っている不動産でようやく利回りがかなり高いもの、となっております。しかしそれはなかなかレアもの、でたくさんは創れておりません。一方で弊社が創っていない物件で、かき集めてきた利回りの高い物件は正直融資状況が厳しく、一般の方が購入するには正直難しい状況でありますね。

でも逆に与信状況が良い人にとっては意外と買い場なのだろうなぁとも思います。弊社にはどんどん物件が入ってきており、正直自分は購入していたりします。別段今買う必要はない状況でもありますし、本当は会員さんに譲りたいのですがキャッシュで買っていたりします。融資を使っていない。。。さすがにそういう買い方はお勧めできないですよね。

というわけでキャッシュがある方はどんどんいけますし、融資を付けれるだけ付けて攻める、というのも必要だと思います。ま、いずれにせよ大家2年目の会では、誰かしら毎月不動産を購入していますので相場観はかなりつかめていると思います。しかし、物件割高感がいなめんなぁ、とちょっと嘆きです。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー