大家2年目の会

融資

融資が活況です

融資がかなり活況で、最近大変忙しいです。不動産の持ち込み評価などを、かなりたくさんの金融機関さんがやってくれています。大家2年目の会の実績、不動産管理、という側面での安定性がついてきたのかなぁ、と感じます。他の会社さんがどうかは、わかりませんが、今追い風が吹いている感じです。とはいえ、マクロ的には、サブリース問題から端を発した社会的話題性にとんだ不動産投資市場ですので、多分色々倒産する会社が出てくることと思います。不動産業は融資が付かなければ終わり、みたいな側面が多いので。

その点大家2年目の会を取り巻く金融機関の見る目が変わってきていることは超高評価ですね。あとは会員のメンバーが買える状態に、買っても大丈夫な状態に持っていてておけば、安心して積み増せますね。ただし、金融機関の物件への評価が厳しいことは変わりありません。だって、基本は不動産に融資したくはないから。

一方で、大家2年目の会のメンバーはどういうことに取り組めば、より有利に物事を進められるのか?それは月次の勉強会で、説明していたりします。オフレコの話題も多く、参加されたメンバーは非常に勉強になると思います。何事を隠さず本音を語り、率直に愚直に、自身の考え方を今のトレンド、に合ったものに修正していく。これが大事ですね。

言葉遣いは悪いかもしれませんが、本音を語るうえで、飾り言葉は通用しません。もしあなたが、金融機関さんと本音でしゃべれていないなぁと思うのなら、まだまだ改善の余地ありですね。ちょっとセミナーに来て学んでもらった方が良いかもしれませんね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー