大家2年目の会

融資

金融機関さんが応援してくれる

融資の姿勢が明確になってきて色々な可能性が、今は削除されて行ってます。これはちゃんとした王道的に不動産投資に取り組む人には朗報です。一方で今までの投資家に多かった、テクニックに走って不動産取得を目指す人には面白みがないというか取り組めないというか、そういう時代になりましたね。

ちゃんとやるという方法を、大家2年目の会ではやっているわけですが、ちゃんとやってきた人には金融機関の応援がしっかりしてきました。当然ですが、色々な金融機関さんの支援をもらって法人の成長をしていくというのも大事ですが、それを受けるにあたっての大事な要素は経営者の思考の変化をしっかり行うということです。

クワドラントが違うと言葉が違う、言葉が違うと行動が違う、行動が違うと結果が違う。
だから金融機関さんが応援してくれる、という循環につながります。金融機関さんが応援してくれると融資がつかないつかないともがいている人を横目に、さぁっと走り抜けて行けるわけで、まぁ直接目視はできないですが、精神的優越感は味わえることでしょう。

不動産大家業はすべてのビジネスの根幹になるビジネスです。そこからクリエイティブな発想をしてさらに広げていくのが、会のメンバーには多数います。広がりをどこまでも、拡張させていく。その先にあるものは、レベルの違うクワドラントゾーンだろうなぁとひしひしと実感しております。

たのしんで毎日を成長させましょう。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー