大家2年目の会

大家2年目の会とは

『大家2年目の会』の方針・考え方

今まで数年間真面目に働き、家族のため、人のために、財を残そうと活動してこられた方のために、今までの「労働」による収入とは違う、「決断」することによる収益資産の構築を実施します。現代ファイナンスと税、経営理論、などの知識を自分で努力し身に付け、実践する方には将来自分がいなくなったとしても稼ぎ続けることができる不動産資産構築のサポートをお約束します。日本の建物は耐震基準に厳しい造りをしているので、メンテナンスを行うことで半永久的に稼ぐ資産に育てることが可能です。新築主体ではなく、中古物件のリノベーションを活用した資産保全で割安かつ高利回りの物件を主として購入していただき、資産構築をしていただきます。

『大家2年目の会』の目標

不動産投資業を全くのゼロから始められることを前提として、5年で3000万円の家賃収入を稼いでいただくことを最低限の目標とします。もちろん、すでに不動産投資業に取り組まれている方でも大丈夫です。また、ご自身の不動産投資ビジネスに割ける時間が多かったり、協力者がいたり、手元資金があったりと、条件により、達成期間は早まり、稼げる家賃収入も多くなります。

5年で資産10億を目指すスキームについて

標準的な期間は5年、前後2年のバッファを見込んでおります。当会顧問が実践してきた不動産購入スキーム をそのまま採用することで銀行を納得させやすい融資環境を構築していきます。 所有不動産はオーナー様の資産ステージにより変遷していきます。最初は、小さくて収益性が高い家賃保証付 物件を1~2棟購入していただきます。次いで5000~10000万円前後のアパートもしくは集合住宅を1~2棟購入していただきます。さらに1~3億円前後のマンションを3~5棟購入していただくことで、家賃収入年間3000万円が達成可能です。

所有する不動産は最初の2棟がものすごく重要です。ここで失敗すると取り返しがつきません。ですので、この2棟は大家2年目の会メンバーが所有していた不動産を購入していただき、空室時の家賃保証 も5年間弊社がつけることで、不動産投資家としての実績を確実に積んでいただきます。 アパート以降の物件は弊社が吟味した物件のみを仲介させていただき、所有していただきます。 その間、銀行融資の面談練習を1~2回程度、1~3期目の法人決算に関しては毎年評価を実施いたします。その後は物件の紹介と購入と決算を繰り返していただくことになります。また弊社が進めた不動産に関して、疑義が無い場合出来うる限りの努力をし取得を条件とさせていただきます。

6期目は市況に応じ買い増し、もしくは手元キャッシュの増加を図ります。

初年度2年間は、標準モデルではそんなに収益が発生するものではありません。
しかし3棟目以後の購入により、大きく収益が発生してきます。税引後でこれだけのキャッシュが手元に残る、 不労所得の類はなかなか類を見ることはないでしょう。これが将来にわたって続く利益となりますので年金にしても子供への教育費用にしても、なんにしても十分すぎる収益であると考えます。また、25年が経過します と、借り入れもすべて返済しております。その時点で資産は純資産となり売却も可能です。おそらく3~4億円程度で売却も可能と見込んでおります(売らない方が良いとは思いますが)。

5年で資産10億を目指すサポート体制

自身の稼ぐことに対するモチベーションの維持、不安の払拭、法人設立のお手伝い、ビジネスモデルの作成補助、融資面談サポート、優良な資産不動産の確保、決算補助、金融機関の紹介、税理士の紹介、保険会社の紹介、不動産の管理保全、物件のメンテナンス、入居者付、物件の入替、等を必要なタイミングで必要に応じて実施いたします。
銀行融資に頼る側面が多く、クライアント様の取り組み姿勢により進展に多少の差は発生いたします。また不動 産は唯一無二のモノであるため、他のクライアントの方と同じモノの提供は致しかねます。おおむね投資対象基準に合致する物件のみの開発・売却を行います。また、市況により計画通りに進まないこともございますので、ご理解くださいませ。

市況が変わらないうちの早期の取り組みが、不動産投資ビジネスは重要です。
時間が経過するにつれて、収益が積み上がる資産ビジネスの構築をサポートいたします。

『大家2年目の会』が考える優秀な資産不動産、投資対象基準

神戸・大阪に限定。駅徒歩 15 分以内の住宅とします。駅徒歩 15 分以内は賃貸入居者の許容範囲であり、実需 (実際に住まわれる方)も強いエリアです。適度なメンテナンスを行うことで、空室もほぼなしで家賃収入を得る ことが可能です。(実際空室率は駅徒歩 15 分以上のところが高くなっております) エリア的には人気エリアを購入するため競争が激しくなりがちです。ですが、賃貸需要の根強いエリアのみを 厳選することが、不動産オーナーとして成長していくためには欠かすことのできない、重要な意思決定事項になります。

外国人向けにも住宅を広く開放していくことが長期的には必要になってくることも吟味し、車を所有していなくても生活に支障をきたさないエリア選択も兼ねております。

講師について

武智 剛TSUYOSHI TAKECHI
JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

詳しく見る

木村 健一KENICHI KIMURA
ClockworkTradition株式会社 執行役

詳しく見る


このページのトップへ戻る

メニュー