大家2年目の会

初心者

持たざる者の経営手法

持たざる者の経営手法を考えていました。
私には誇れるようなイエがなく、バックボーンがありません。かなり恥ずかしいほどの資産状況の家庭で生まれ育ちました。ですが最近、持っている人たちのイエとお付き合いさせていただく機会も多くなってきており、「人間がちがうなぁ」と感じつつ、うらやましいなぁ、とは思いつつでも自分はマイナスからここまでやってきたんだ、という右肩上がりの人生という楽しさも経験して、自信になって、生きていたりします。

私のように相続なんて期待できず、あんまりいいイエに生まれなかったなぁと思う方、それはチャンスであると考えてください。そういう状況の人が、いわゆる資産家になろうとするなら、私は選択肢がほぼ無い、と考えています。取りうる手段は、人の1.5倍働き、人がやらないような思考を変える、ということに人の3倍以上取り組むようにする。そのうえで、不動産という資産をいかに積み上げていくか、入れ替えていくか。それを考えて行った方がよいと思います。

大家2年目の会のHPにも記載していますが、投資初期に必要な不動産と、投資中期に必要な不動産ではモノや大きさ、規模などすべてが変わってきます。それはその人が持っているバックグラウンドの多寡、で決まります。私は誰が来ても大丈夫なように仕組みを組んではいるつもりですが、バックグラウンドがしっかりしている人は、あんまり苦労はしなくて良いとも思っています。

持たざる者の経営手法は、とにかく、小さく始めて、途中で大きく攻めて、後に資産を入れ替えていく。その間、サラリーマンなどの継続的収入を放棄することなく、むしろ奉公するレベルまで仕事に没頭していくべきだと思います。

とにかく稼ぐこと。そのうち自分が働かなくても稼げるように仕組みを創っていくこと。それが大事だと思います。とは言われても、じゃぁ具体的にどうしたらいいの?って言う感じだとは思いますがそれを無料セミナーから始めていただいたらいいと思います。

あなたが何をしたいか?を明確にしていていただければ、いただくほど、そのベクトルをしっかり成し遂げさせようと思っていますので。一緒に成長しましょう。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー