大家2年目の会

初心者

法人設立する理由

大家2年目の会は法人さんになって不動産投資をされる方が多いです。

理由は簡単で、勉強すればするほどわかりますが、法人でやった方が、いつ、どのタイミングで始めたとしても、はじめ方さえ間違わなければ確実に個人でやるより儲かるからです。

逆に、リスクに対する耐久性も高くなります。
知識があって、法人で始めると、ローリスク ハイリターン。
知識があって、個人で始めると、ミドルリスク ローリターン。
知識が無くて、法人で始めると、ミドルリスク ミドルリターン。
知識が無くて、個人で始めると、ハイリスク ローリターン。
知識が無いとリスクが高くて、法人でないとリターンが低いんですね。

サラリーマンの方は、知識があると思っている方が多いですが、それはリターンを追及している情報ばかりを集めている人が多いともいますが、それは間違った情報を集めている可能性が高いですね。リスクを減らす、リスクをコントロールできるための、知識、というものをしっかりと得てください。それでも、個人では知識でリスクを極力減らす、ということはできないのが、個人的には興味をそそられます。一方でリターンを求めるもの、というのは、法人で始めて初めて、追求できる最低条件が整った、ということです。そこから新しいことが必要でそれは知識も当然ですが、もっと重要なことは、「経験」です。経験とは良いも悪いもあるので、どちらも味わう必要があるのですが、できるなら悪い経験は踏みたくはないですよね。それって、自分が踏まなくてももし誰かが踏んでいた、経験していたことならシェアしてもらえば非常に合理的です。
そういうことを大家2年目の会は真っ先に共有し、すぐに対策を打っていきます。だからメンバーは安心して買い進めることができるんですね。

守る知識、攻める経験。ちゃんとセミナーで得ていただきたいことですね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー