大家2年目の会

初心者

タケチ化戦略

大家2年目の会の金融機関バックアップ体制がより一層強くなってきました。
こんなに不動産投資に融資規制がされていっているのに、大家2年目の会のメンバーには融資がどんどんつきだしています。不動産が買える状況になっている、ということです。このご時世ですごい。さらにはもっと購入していただけませんか?とか勧められている方もいるようで、そこはコントロールをしてもらいつつ進めてもらっていますが、他の貸出先が無くなってくれることで、リスクコントロールをしている人たちはどんどん勝手に支援が来ますね。
といっても昔から支援が無かったわけではなくて、最初から何らかの支援がついてて、他がぽしゃりだしたので、「継続的に成長させてい」、というビジョンの大家2年目の会で学ぶメンバーたちが、相対的により優良な与信属性の人たちになりだした、のでしょうね。
メンバーも金融機関のバックアップを肌で感じているのでしょう。今まで頭の中もやもやして考えているだけだったたくさんのやった方が良いけれど緊急ではないタスクを、たくさんこなしだし、多くのことを同時にやるようになってきました。

そう、みんなタケチ化戦略をやっているわけです(笑
こういう文化ができると、やっと私の役目もちょっとははたせてきたかなぁと思ったりもしますが、私のやりたいことはまだまだ一里塚。ここからが人生のスタートラインだ、と思っております。

IPOを何社できるのか。これから集まってくるメンバーたちと、どちらが成長率が高いのか。そういう勝負をしていきたいなぁと思います。

追い風は吹いている。帆を大きくはり、かじ取りをしっかりと。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー