大家2年目の会

初心者

誰のための不動産投資、不動産大家業か

私は不動産投資に足を踏み入れようとしたのは、自分で使えるお金の欲しさもありましたが、やはり家族を路頭に迷わすこともできないので、その点からの理由がとても大きいです。
今でこそある程度融資についての不安は取り除けていますが、まだまだ不安はあります。
と、冷静に考えると、やはり家族も融資額が増えていけば不安は大きいのだろうな、と感じています。

今不動産投資を進めていく上でご自身は野望を持って進めていくことが出来る為、融資というリスクを負うことも厭わない感覚かもしれませんが、もしかしたらご家族はそうではないかもしれません。
ですが、ご家族がその感覚に追いついているか、そこがとても重要かと思います。
進める為に融資額を増やしているのであろうこのブログをお読みいただいているあなたと、増える融資額に不安になり、止めようとするご家族の方、元々家族のために進めているのに反発が出たことによって雰囲気が悪くなってしまったら本末転倒です。
そうならない為には、、、やはり、一番はしっかりと家族で話すことだと思います。

幸い、私も当初は同じように家族から止められることも経験しております。
悩み、一緒に解決させて下さい。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー