大家2年目の会

初心者

僕たちが創る未来とはどういう世界なのか

久しぶりにスタッフのみんなに会った。天災のおかげで、もうばたばたな日々を過ごしており、全然会社に寄れていません。会社に寄っても全員いるわけでもないので、なかなかみんなに会えなかったわけですが、弊社ももうすぐ新年度に入りますので、その前に着手しておくべき体制づくりを、みんなとシェアしておかないと、言う感じですね。みんな元気でよかった。

日々のオペレーションでは元気なのはわかってはいるけれども、実際の顔は見れていないから、寂しくもあり、頼もしくもあり、という感じで仕事は進んでいきます。
スタッフは今後どんどん増えていくことと思いますが、私はすでに今のスタッフですらみんなの顔を見れておりません。これからはいってこられる方は、スタッフ自身が面接して選んできたりとかするでしょうし、もう私経由の人材獲得ではないかもしれません。

そういう体制づくりをするためにも、意識づくりが、大事になってきますね。
弊社の事業はやるべきことは絞られてきました。その仕事や事業の先にある、僕たちが創る未来とはどういう世界なのかを、少ない言葉でどう表現していくのか。
そういうことが今私には求められていて、多くのメンターとコミュニケーションをとっていたりします。

言葉選びが人を選ぶ。人が未来を創り出す。そう考えると、言葉の使い方、が大事になってきますね。
その前に感情のコントロール、といろいろ配慮しないといけないですね。みんなに会えてはいないけれど、個人個人が元気にやっていて、それぞれが成長をしていければ、自然と会社も成長して、成功していけると、信じております。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー