大家2年目の会

初心者

新しく不動産投資を始める為に大事なこと

今、課題達成のため、色々新しいスキルを身につけて始めてます。

新しいことを始めるとそれにあった型を習得する必要があります。

でもその型が、どうしても自分が理解出来ない場合、それでも行動する為に自分が理解出来るレベルで実行しようとした結果、型から外れたことをやってしまいます。

これが我流と言う形になりますが、もちろん結果が出ればそれでもOKなのかもしれません。たいていの場合は、問題が発生するから型を再度学ぶことをします。

野球や剣道でも素振りは基本中の基本と考えられている反面、型が出来ていない状況で進めた結果、変な癖がつき、結果が出にくくなることもあるそうです。

不動産投資であっても同じです。

ただ、不動産投資の場合は、近くに教えてくれそうな人がいなかったりという事情もあります。その為、独学で勉強する、というのも良いかと思いますが、それは型がない状態で行った場合、変な癖がついてしまいますので、しっかりとゴール、目標を決めた上でそこに向かう為の勉強をおすすめします。(過去にもこんな記事を書いた気がします)

大変なことだと思いますし、人から指摘されながら物事を進めるのはとても恥ずかしい所が有りますが、もしもそういうことを教えてくれる人がいましたら、課題達成や目的達成を考えた場合、どちらが良いか、ということを考えることも大事だと思います。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー