大家2年目の会

初心者

不動産投資と雑談力

人と話せる人と話せない人、どちらかになれるのであれば、あなたはどちらになりたですか?

元々、私はどっちでも、という感じでした。

ですが、今は話せる人になりたいです。

さらにいうと話を聞ける人になりたいです。

雑談力はよく話す力と訳されることもありますが、どちらかというと聞き出す力、であると認識しています。

不動産投資を進めていく上では、人と接することが多いです。

しかもなるべくなら、その人たちに自分の不動産をよくする様に、収益をよくする様に動いてもらう必要があります。

どうしてもこちらの想いだけを伝えるという形では、相手から「何となく自分中心な人、、、」と捉えられてしまい、思うような結果が出ないことが多々、あります。

そんな時にも相手の立場を考えて、普段からの接し方、ここで雑談力が必要となります。

相手のことを考えて相手の想いを聞き出す、その上で自分の想いも伝える。このバランスが不動産投資を進める上ではとても大事になってきます。

大家さんとして、入居者と接することがあるのであれば、それもまた入居者の想いを聞く大事な時です。

普段、なかなか聞けない入居者の生の声、思いをしっかりと聞き出し、退去される可能性を下げるためにも雑談力はとても重要です。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー