大家2年目の会

初心者

土俵の違い

断崖絶壁を手と足だけで登るロッククライミング。やっている人を見るとすごいなぁと思います。握力や脚力、筋肉をずっと使い続ける継続力、異常な姿勢になっても崩れないように体幹を鍛えたり、もっと細かに言うと、指の力、足の指の力、などすさまじい積み重ねをえて、実施されていると思います。恐ろしいほどの鍛錬量で、想像を絶します。
私なんて腕立て伏せが最近20回くらいでしんどいからだで、鍛錬してなければロッククライミングなんて不可能ですね。

ですが私、ビジネスならばおそらくロッククライミング級の筋トレをしているようで、結構いろいろ乗り越えていけている気がします。どんどんと昔のお友達は離れていっていますが、これは筋トレの一環のせいで仕方がないですね。スポーツ選手と一般人が同じスポーツの土俵で競えないのと一緒で、鍛錬がモノを言う。ビジネスも一緒です。

そしてクワドラントも一緒ですね。思考がモノを言う、思考を鍛えるには言葉を鍛えるしかない。言葉を鍛えるには、行動を鍛えるしかない。行動を継続化しようと思うと、やり抜くんだという信念と、それに向かっての決断が必要です。

スポーツならできる。仕事ならできる。趣味ならできる。

そう人は自分の好奇心が向いたものなら全部できるのです。クワドラントを変えるなんて、お茶の子さいさいですよ~


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー