大家2年目の会

初心者

不動産投資で問題が発生しても、、、

エンジニアをしているとレビューというものが随所に出てきます。

要は作成資料等成果物に対して問題がないかをチェックするものです。

このレビュー、問題がないかをチェックするものなので、作業者はなるべく指摘が出ないように完成度の高いものを作成します。

本来、完璧な資料を出して指摘がない状況が良いのですが、今度は逆の観点んでチェック者の側からみると、人間が作成したものなので、完璧なものは存在しない。

確実になにかしら指摘が存在するはず。

という見方でチェックを行います。

なので、なんとしても指摘を出そうとするのです。

これ、ポイントは何かというと、問題が発生しないということはあり得ないのです。

作成する側は、もちろん問題が起きないように作成をしますが、問題は必ず潜んでいます。

問題がありません。というのは、それが問題。

むしろ問題があることが見えていない状況です。

不動産投資でも問題が発生しないような物件を購入、維持して収益を上げようとされる方が多いですが、どうしても問題は発生します。

それは、もしかしたらあなたが気づかない場所で発生しているのかもしれません。

そこをどれだけ早く問題に気付けるか、それがとても大事です。

どうでしょうか。今不動産をお持ちの方、ご自身の物件の問題、見抜けていますか?

From木村健一

@神戸市内のスタバより


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー