大家2年目の会

初心者

不動産関係の会社さんとのお付き合いの仕方

不動産管理会社さんとのお話です。

お金を支払っているからサービスを受けるのは当たり前、とか思ている方いらっしゃいませんか?
結構、大家さんをやっていると多いみたいです。

その方曰く、前回の台風も相当な規模でした。
電車もなくなるしそろそろ帰ろうと会社を出ようとした際に一本の電話がなったそうです。

嫌な予感がして出ると、、、

案の定、大家さんからだったとのこと。
そしてその内容は、、、

「これから台風来るから、うちの物件に何か起きない様にしっかりと監視しておいて下さい」

だったそうです。
これ、断ったら出てきたのが、
先の質問の内容です。

確かに、お金はもらっているけど、、、
こんな状況下でそれ言いますか?
と。

少し極端なお話ではありますが、これに近いことを繰り返していれば、そりゃ管理する人も嫌な思いをされます。

そうならない為にはやはり感謝の気持ちを持って相手と接することですね。
お金を払っているから、こっちの言う通りになる。
とか、考えているとせっかくあなたが幸せになるために働いてくれる人も敵に回ってしまいますよ。

お互い、気を付けていきましょうね。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー