大家2年目の会

初心者

不動産投資は不労所得ですが、労働しなくても得られる所得ですか?

ビジネスをしていく上で

仕事を集める方が大事なのか、集まった仕事をしっかりとこなすのが大事なのか、どっちでしょうか。

一概には言えないところでもありますが、やはり、仕事を集める方が大事なのかなと感じます。

仕事がなければこなす事も出来ません。

では、サラリーマンはどうやっているかというと、もちろん両方やっている方もいるかとは思いますが、

一般的には営業の方が集めてきて、それをこなす部隊が存在して、分業制になっていたりします。

なので、営業の人が独立すると集めた仕事をこなせなくて困る。

逆に内勤で仕事をこなしていた人は、仕事を集めるのに困ることになります。

独立する時にはどちらの能力も大事ですね。

では、不動産でいえば、お大家さんはどちらになるでしょうか?

大抵の場合、後者になります。

大家さんをする為には入居者がいないと始まりません。

大家さんの場合、普通に独立するよりも圧倒的に助かるのは、入居者を集めてくれる不動産管理会社さんや不動産屋さんが集めてくれるからです。

しっかりとフィーはお渡しする必要がありますが、お仕事を集めるための施策が明確です。

そう考えると、いきなり独立、、、となるよりも圧倒的に仕事の立ち上げ方が可能でもあります。

このあたり、考えずに大家さんになってしまうとしんどい思いをすることになるのかもしれません。

その為には、やはり大家さんを不労所得、何もしなくても収入が得られる、と考えるのではなく、やはりビジネスの観点をもってして

自分が動かずとも収益が上がるにはどうすれば良いのかを考える必要があります。

From木村健一

@神戸事務所にて


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー