大家2年目の会

初心者

不動産投資を行う上で大事な基準

この物件価格は高い。
この会社の管理費は高い。
この物件の資産価値は高い。
この金利は高い。
このリフォームは高い。

とりあえず高い、と言われるものをざっと並べましたが、これ、何と比べてるのでしょうか?

高い、安い
多い、少ない
早い、遅い
などなど

表現は色々とあれどもまずは基準ありきですよね。
で、先ほどの質問に行き着きます。
何と比べて?

先ほどの表現はよく不動産投資をしていて耳にする言葉ですが、もしも一般的な基準を持ってして表現しているのであれば、きっとその表現は相手にも共感を得ることができ、仮に交渉をするのであれば成功するかもしれません。

でもこの基準が、自身の懐事情から鑑みて、高い安い、と決めているのであればそれは相手の共感を得るどころか、反感を買ってしまい、相手は協力してくれなくなるでしょう。

反感を買ってしまわないようにするにはどうすれば良いのか、先程も書きました通り、基準を持てばいい訳です。

では、どうすればそういった基準を持てるのか。
方法は色々とあります。
もちろんご自身でしっかり行動して基準となるものを手に入れるのも良いですが、すでにその基準を持っている人に教えて貰えれば手っ取り早いのではないかなと私は思います。
自分の力で手に入れる。仲間の力を援用する。どちらでも良いですが、この基準を持っている、持っていないは不動産投資に限らず、成功するかしないかにも大きく関わります。であれば、早く手に入る方を選んだ方が良いですよね。

From 木村 健一
@帰宅途中の電車より


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー