大家2年目の会

初心者

不動産投資を一人ではなく、誰かと一緒に進めていく上で大事なこと

自身、事業を進めていく中でついに今までは避けていたのですが、やらなくてはいけないことがおきました。

それは何かというと、、、顧客や協力会社さんの新人育成のお手伝いです。

正直の若い者は、ということを言うつもりはないのですが、とても優秀な方もいらっしゃったり、もうちょっと頑張りましょう、と言う方もいらっしゃったり、

自身が新人と言われた時代よりはとても優秀な方が多い印象です。

で、やはり教えながら仕事を進めてはいくのですが、伝え方、難しい所があります。

ですが、最近やっとわかってきたこともあります。

やはり一緒に進める。

新しく入ってきた人と一緒に作業を進めていくのであれば、これに限るなと、とても感じます。

マニュアルがあってその通り進める。

でも、それをいきなり一人で、となると正直不安も多いわけです。

それこそ、今の私の年齢であったとしても始めて進めることは一人でやるには不安を感じることが多々あります。

それが自分の人生の為、家族の為に始める不動産投資であれば、なおさらかとおもいます。

今の時代、不動産投資単体で、大家さん単体で生活の基盤になるレベルまで買い進めるというのはどうあっても難しい状況にあります。

その中でご自身一人だけで進めるというのは相当の苦労が存在することでしょう。

であれば、やはりプロのスポーツ選手であったり、一流企業と呼ばれる会社でも専属のコーチを雇って自身を成長させる様に、小さい規模からでも

大家さんを始められる方々もそういったコーチを雇う形で一緒に進めていくことがもしかしたらメガ大家さんといわれる人たちになるための近道なのかもしれません。

From木村健一

@大阪市内のとある事務所より


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー