大家2年目の会

初心者

不動産投資を進めていく上で問題発生時に大事な考え方

うまくいかない時っていうのが作業を進めていく上では必ずあります。

不動産投資においても安定した収入が得られるとはいえ、うまくいかない瞬間は存在します。

その際にどう行動していくか、というのが長いスパンで事業を進めていく上ではとても大事なことになります。

うまくいかないときは

  なかなか作業が進まない停滞感からくる焦り

  時間をかけてもかけても問題が解決しない、無断に時間をかけているのではないかという疑問からくる焦り

他にも

  睡眠時間が減ってきて、日々の思考力が低下して、気付けることにも気づけなくなる

などなどとても非合理的な進め方にもなってきます。

こうなってくるとうまく進めていた時のことを思い返すことも増えてきます。

それが、例えば起業したて、不動産投資を始めたての場合は、始める前のことを考えてしまうこともあります。

そうなるとどうなるのか、起業したての方であれば企業前に就職していた良かったことを思い返して、そこに戻ろうとされる。

不動産投資を始めたてのころであれば、なぜこの不動産を買ってしまったのか、買う前に戻りたい。

と思うこともあります。

一人で何か新しいことを進めようとしても長続きしないのはこういう問題が起きた際に進めるための動機、モチベーションが足りなかったりもするのかなと思います。

幸い、私は何か新しいことをやろうとするときには一緒に進めてくれる仲間がいてくれます。

失敗はなるべく経験しない方がよいとはいえ、地力を鍛えるためには必要なイベントごとであったりもします。

不動産投資を進めていく上でもうまくいかない時に悲観するだけではなく、「おもしろいことになってきた」とポジティブに捉えられるだけの準備をしておきたいものです。

From木村健一

@川西池田駅近くのカフェより


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー