大家2年目の会

初心者

不動産投資をこれから始めるために

先行者メリットという言葉を聞いたことはありますでしょうか?
先行者利益、と言われてもいます。

先行者メリット/利益
  競合他社よりも、いち早く新しい市場に参入したり、新製品を市場に導入することで得られるメリットのことで、
  消費者心理に「参入障壁」を形成できたり、価格競争をせず比較的高い価格で販売することができたり 製品の
  規格を決定しやすくなること等競争優位上の利得があるとされている。
  一般的には先行者は優位となるが、それなりのリスクも背負うため、後発者が有利な場面もありうる。

真似して進める方が有利なことが多数なので、最後の
  「一般的には先行者は優位となるが、それなりのリスクも背負うため、後発者が有利な場面もありうる。」
というのが、すごい頭に残り、いち早く参入、開始、というのがすごいやりにくいところもあります。

そういう観点でいうともう不動産投資については、すでになん百年も前から進められている事業です。
そう考えると、しっかり真似ができれば、リスクはなく進めることが可能かもしれません。

そう考え、進めるのであれば、不動産投資本に書かれている様な成功体験は氷山の本当に本当に一角であり、
水面から顔を出していない見えていない、おそらく大半は失敗になる部分だと思いますが、その点を理解
した上で、同じ失敗をしないように勧めることがとても重要です。

そうなると成功よりもいかに失敗の情報がたまっていて、その情報を公開してくれる人と付き合うことができるかが
大事になってきます。
あなたの近くにはそんな人、いますか?


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー