大家2年目の会

初心者

問題解決のために最初にするべきこと

問題解決のために最初にするべきこと、何かわかりますか?

候補は多数あるかと思います。

私は現状認識をすることが一番大事なことであると考えます。

物事を進めていくためには、望ましい未来、ゴールを設定して現状からそのゴールに近づくためには何が必要なのか、

というものを考えて対処していく必要があります。

この現状をあまり把握していない。もしくはゴールを具体的に設定しないで行動をするとあまり宜しい結果にはなりえません。

一昔前、不動産投資を始める際には結構簡単に始めることができた時代があります。

その際に皆さんがとっていらっしゃった行動は、不動産投資が勉強してみたけど良く分からない。という問題に対して、現状不動産は買うことができる。という

状況であったため、取った手段は、とりあえず行動してみよう、

というものでした。

やはり明確化できていない状況であればなかなか成功にも結び付きません。

では、今はどうでしょうか。

問題は今も変わらずです。

ですが、現状が圧倒的に不利な状況にあります。

不動産が買いにくいからです。

であれば、取るべき対策はもっと明確化しないと行動すらもできません。

このあたり、しっかりと自身で明確化できないのであれば、それは明確化できる人にお願いすることも一つの案かもしれませんね。

これは、お仕事においても一緒で、周りに相談できる人がいる、というのがとてもありがたい状況で、問題解決に至るための手段としては一番大事な状況ですね。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー