大家2年目の会

初心者

不動産投資を進める上での現状認識の必要性

不動産投資を進めるうえで、目的を持って進めているかと思いますが、現状認識はされていますか?

今であれば、以下のような状況ですよね。

 ・融資が付きにくい

 ・不動産価格が上昇したまま下がらない

つらいですけど、上記が現状です。

そしてさらにつらいですが、

 ・今でも融資がつく人はいる。

 ・不動産価格が上昇していても購入してうまく収益を出している人もいる。

という状況です。

ここでたいていの人が諦める。

という選択をとってしまいます。

私もこの会に所属していなければその選択をしたかもしれません。

ですが、まだ何とか耐えています。

耐えることが出来ている理由は、様々ありますが、不動産投資オンリーで考えていないところが大きいのではないかと思います。

そして、一人でやっていないことがとても大きいと思います。

チームで取り組む時のメリットというのは様々あるかと思いますが、問題が発生した際に一人で対策するのではなく、一緒に対策できることがとても大きいです。

そうなるとつらいかもしれない現状確認もさっさとしてしまい、メンバーと共有して一緒に対策していく。

これを続けることができるのがとても大事です。

皆さんにはそんな仲間、いますか?

From 木村健一

@大阪市内のカフェより


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー