大家2年目の会

初心者

手持ちの不動産、不動産関係の仲間とどうおつきあいしていくか

最近在庫管理のソフト開発の相談が多いです。
改めて必要性がわかります。

在庫を抱えてしまうと管理や場所を取ります。
少な過ぎて売り切れになると機会損失からさらに安定供給出来ないというレッテルが貼られる。そうならないために赤字でも仕入れてなんとか納品する。
こんな事がおきない為に事前に状況が見えるようにしたい。

これ、在庫を抱えるという事であれば、不動産屋さんでも同じ事です。
不動産屋さんの場合も良い不動産を抱えていれば、大家さんからするとあそこに行けば良い不動産が沢山ある、と思って頂けますし、そういう大家さんと多数お付き合いがあれば現金化するのに時間がかかると言われる不動産の売買にも比較的早く現金化できるメリットが出てきます。
では、良い不動産をたくさん集めるにはどうすれば良いのか、それは良い不動産も悪い不動産も購入し続ける事で、仕入れの面では、あの不動産屋に相談すれば購入してもらえる、となると良いもの悪いも話が舞い込みますね。
良い不動産はそのまま他の人に譲れば良いですし、悪い不動産はリフォームで調理して良い不動産に生まれ変わらせて他の人に譲る形を取ればどんどん良い形になっていきます。

悪い不動産を良い形に生まれ変わらせるにはそれ相応のスキルが必要なわけで不動産屋さん単体では何もできません。
そこは建築屋さんと一緒に進めることが必要です。

よく個人面談で会の方ではない人と話すときな不動産の会で一緒に買い進めるメリットを聞かれた時にお話しする内容です。

在庫管理というものはどの業種でも大切な事ですね。


木村 健⼀

木村 健⼀ | 講師

1978年9月⼤阪⽣まれ。ソフトウェア開発会社で17 年間エンジニアとして従事。兼ねてより夢だったマイホーム購⼊から5年後、単身赴任によるダブル生活で家計が圧迫。苦渋の生活が続く中、大家業による不労所得の存在を知り勉強を開始。その頃に武智と出会う。武智の思いや展望に魅了され、即決で不動産⼤家業を開始。今は自身と同じような境遇の⼈に、明るい道を作ることが出来ると確信している。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー