大家2年目の会

初心者

交渉をうまく進めるにはどうすればよいか

交渉をうまく進めるにはどうすればよいか。

交渉をうまくまとめたいと思うことは多々あります。
たとえば物件を優先的に割り当ててもらいたい、とか融資を条件よく引っ張りたいとか、入居付を早くしてもらいたい、とか交渉がうまくいくと利益が大きく変わってきますよね。
それをうまいことやっているのが、大手不動産会社だったり、地場の豪族みたいな地主さんだったりするわけで、そういう方たちよりもうまい事やらないと、新参者ははじかれていきます。

上手くやるためには、必須となるのは一緒に取り組んでくれる「仲間」の信頼です。たとえば不動産会社さんとうまく付き合う、建築会社さんとうまく付き合う、金融機関さんとうまく付き合う、ということです。うまく付き合う方法は詳しくはセミナーの蛇足、みたいなところで話してたりしますので、みなさん特別セミナーにはあしをはこんでくださいませ。おっと脱線しました。
そうやって自分が安心して資産を収益を伸ばせる状態だ、とわかれば周りの環境も整っていくので、次第に交渉が優位に運んでいきます。

そういうことを簡単にできるように指導してくれる方があなたの周りにはいますか?そういう方と知り合うチャンスにあなたは気づけますか?そして一緒に責任を負いながら、協力して歩んでくれますか?

そういう方たちと知り合いたいなら、大家2年目の会の無料セミナーはきっかけになると思います。メンバーひとりひとりが輝く。そういう会にあなたも参加してもらったら、と思います。

あなたの属性がどういうかたであれ、私たちは広く門戸を開いておりますので。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー