大家2年目の会

初心者

不動産投資を本気で目指したい方へ

不動産投資を本気で目指したい方へ。不動産投資にはいろいろなやり方があり、成功本もたくさん出ています。その中で金融機関に評価される不動産投資はただ一つ。それは不動産売買差益で儲ける不動産投資です。私の嫌いな、いわゆる安く買って高く売る、ということを目指す投資です。でもこのビジネスは基本的に宅建業の登録をしていないと、金融機関は融資を支援してくれることはなかなか、ございません。それに、不動産業で単純に転売できるようなものは、ほんとプロがさくっと買ってしまいますので、出回ることもありません。身内でまわしちゃうのです。

だから値差益を狙う不動産投資をするのなら、宅建業と、もう一つリフォームをするか、新築をするか、いずれにせよ、建築家が必要になりますね。リフォームはかなり難しいので、多くの不動産投資家は新築を建てて分譲販売することが多いわけです。昔はこれで儲かったようですが、現状ではなかなか儲かりません。一方でリフォームをして売る、というスタンスに移っていく宅建業者も多いですが、こちらはほぼ区分の売買になると思います。戸建は築古はほぼ瑕疵が見抜けず、売りにくいからです。融資もつきづらい。

そういうむずかしさを乗り越えて、不動産を本気で取り組んでいくという方は、ぜひとも宅建業から取得をして進んでいきましょう。弊社は建築家の側面がまだまだ大きい会社です。支援を惜しまないので、一緒に成長していきましょう。

そのおまけとして、不動産大家業を展開するのが、実際のところ成功パターンの一つではありますね。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー