大家2年目の会

リスク

不動産大家業のリスク

今回から「大家二年目の会」ブログを担当いたします坂本です。よろしくお願いいたします。

さて、早速ですがタイトルの不動大家業のリスクについて今回は書かせていただきます。

みなさんは収益不動を購入するにあたって、もしくは現時点で収益不動を所有されている中で、リスクに対してどう捉え、対策をとられているでしょうか

不動大家業のリスクは
・空室リスク
・金利上昇リスク
・資金ショート
・立地
・災害
などがあげられます。

不動投資始めたいけれど手が出せない方は、このあたりが心配になっているのでしょうか…。

大家二年目の会では、このようなリスクの対策として、リスクヘッジをするという考えは第一案としていません。(もちろん必要に応じたリスクヘッジは行いますが…)
なぜならばリスクはコントロール下に置くという認識で取り組んでいるからです。

どういうことかというと、例えば空室に関して言えば、空室が出た際に家賃収入がストップする…ことに対して、家賃保証を付けるなどが最も容易なリスクヘッジです。が、大家二年目の会ではそもそも空室が出にくい(入居者が出ていきにくい)、また空室がすぐに埋まる物件づくり、に加え管理会社との連携も強力で、空室を作らない状態を維持することを意識しています。

これには物件をつくる建築会社・管理会社といった強力な協力者(語呂がよいのは意図したものではありません汗)が必要不可欠です。そんな利点を利用できる大家二年目の会、素晴らしすぎます。

ご興味がわいた方、いちど無料セミナーに足を運んでいただけましたらより詳しい話もさせていただきますよ。

このページのトップへ戻る

メニュー