大家2年目の会

リスク

緊急事態発生とその対応

ここ最近の自然災害続きにはまいりますが、今度は台風でした。
今回の台風12号ではみなさん被害は有りませんでしたでしょうか?

台風が東から来る珍しいパターンでしたが、関西に来る頃には勢力も弱まって大したことないんだろうな…と私は勝手に思いこんでいました。しかしそれが油断でしね。会員さんが進めるプロジェクトに私も関わらせてもらっていましたが、深夜の台風通過による強風で設置途中だった設備が被害を受けてしまいました。正直、痛い被害です…泣。

しかしプロジェクトを止めるわけにはいきません。被害が出た設備を撤去するなど早急に対応する必要があったので協力できるメンバーを即日募り動きました。また今後の進め方も軌道修正する必要がありますが、それも協力してくれるメンバーにもアイデア・意見を出してもらい決めることができました。

今回は台風という自然災害によるトラブル発生、事前の対策が不十分だった部分もありますが自然には人間は太刀打ちできない、どうしようもないという部分もあります。しかしその後の対応は素晴らしいものになりました。何より即日対応できたというところがすごいなあと思います。関わっているメンバーは日ごろから時間に余裕があると言うには程遠いメンバーなのですが、緊急事態とあれば優先事項を判断し時間的にも融通を付けられるメンバー。余裕は無いけどそこを柔軟にできること、そんなメンバーがいることだけでもすごい強みであると思います。

時間的な余裕を日ごろから持つことはなかなか難しいところがありますが、いざと言うときに柔軟に動けるキャパシティーを持つ、それをさらに拡げておきたいなと思う出来事になりました。


このページのトップへ戻る

メニュー