大家2年目の会

セミナー

大事な資産

事業家を長くしていると、物売りだったり、サービス業をしていたりすると、サラリーマンと同じで、
いつまでも続くかなぁ、この仕事、と不安になることがあります。また、弊社みたいに代理店業をしていると、仕入れ先がいつ売るのをやめる、と言い出すか、とか顧客が買うのをやめる、と言い出すか、と不安になることが多々あります。要するに、安定しないわけです、事業が。それでもどうにかこうにか、経営者って事業をやってくるわけですが、そのうち気付きます。「資産」って重要だなぁと。

大家2年目の会に入りたいあなたなら、当然でしょうけれど、「資産」は重要です。その資産から発生する、継続的なキャッシュはもっと大事です。この一度入りだしたら、なかなかやめられないお金の流れ、というものを作ってくれる「資産」って本当に重要です。

相続案件とか結構多いですが、そういう継続的なキャッシュフローを発生させる資産って大手企業ですら購入していきます。利回りとかそういうレベルのものではない、ということ。不労所得とは、本当に本当に、すごい大事なものなわけですね。そういう装置を自分で作れたとするなら、おれはもう錬金術の類であって、奇跡です。

それが一昔前なら、ITプログラミングであったわけで、最近であるなら、IoTテクノロジーの開発であってずっとつかえるであろうことは、エネルギー開発と、ライフサイエンス、であろうと思います。ITプログラミングみたいに、体とPCさえあればよかった初期投資がが今ではどんどん大きな金額が必要となってきていて、つくりだす障壁が高くなってきていると思います。

その中でも比較的簡単に参入できるのが、不動産投資業でありますね。また弊社はたくさんの事業を追求すると結果、不動産投資業のみならず、ライフサイエンス業へとおそらく転換できるようになってくると思います。そのためには、IoTも開発しなければいけないですし、食料というエネルギーも開発していかないと行けなくなるかもしれません。

どういう産業であれ、事業家を長くしていると、そういうインフラに近い業態に全ての産業は収斂していくのだろうなぁと思います。自分のスキルの究極軽トラキャンピングカーをあなたも空想の世界でとりあえず描いてみると、自分が取るべき指針というものが見えてくるかもしれませんよ。一度空想しに、大家2年目の会の無料セミナーにお越しくださいませ。刺激はさしあげますから。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー