大家2年目の会

セミナー

考えて行動できる

やることが多すぎるのか、やることが片付かないのか。意図せずして参入していた製造業ですが、どうして製造業で注目のベンチャーが出ないのかがよぉく、よぉくわかりました。改善しか道がないからです。抜本的改革はすぐにひらめかないし、ひらめいても試すチャンスがなかなか訪れなかったり、訪れた後の検証が難しかったり、でなんせ変化のスピードが遅い。
遅いから結果が早くでないから、努力を継続する力がわきにくい。そういう地味な作業が必要になってきます。筋トレやダイエットと一緒ですね。すぐに効果が出たら頑張れるけど、効果が出にくいし、やってるとりかかってる中間くらいがしんどい、っていう感じで、続かないのよね。。。

一方で営業を主体とするサービス業は、朝令暮改で進めれる業種。逆に変化変化が大事になってきます。コンサル系の大家2年目の会の講師たちもとうぜんそういう行動の変化をしているとおもうだろうけれども。できているのかな?

受講されているみなさんもいろいろと考えて行動できるうちが幸せな時だと思ます。成長のための変化がかみしめれる状況なのか、変化が感じにくい環境なのか、将来性はどうなのか、そういう検証をしながら、毎日を歩まれると、いいんじゃないかなぁと思います。

私は毎日工場で、風景はあまり変わらない。だから変えていこうと思います。


武智 剛

武智 剛 | JUSETZマーケティング株式会社 代表取締役

1980年7月大阪生まれ。茨木高等学校、神戸大学経営学部卒業。大学在学中には株式投資を実践するも自分には不向きと判断。経営学を学ぶ中で、営業は一生モノのスキルになると感じ、某大手住宅資材メーカーの営業マンの道に。営業に没頭する日々の中、資産家の方から投資用不動産の建築の仕事を大量に受注し、リーマンショックの乗り切り方も目の前で体験。それ以来不動産投資の魅力を忘れられず、独立。独立後2年で家賃収入約3000万円、3年半で1億円を達成。この経験と実績に基づき、同じような思いを持つ30代から50代のサラリーマンを不動産オーナーに育てることに情熱を注いでいる。

執筆者の記事一覧

このページのトップへ戻る

メニュー